soap

サイトマップ

風俗の王様と呼ばれるソープランドとは

昭和後期から20世紀末まで、日本の風俗といえばソープでした。現在でこそ実店舗型風俗に対する規制が強くなって営業するのが厳しくなっているソープですが、まだまだ根強い人気を誇る風俗です。ソープは年々その数を減らし続けていて、新規出店が難しいことからソープの総数は増えることがありません。
近い将来は全てのソープランドが無くなり、ほとんどは無店舗型のデリヘルなどに取って代わると言われています。
現在ソープが営業出来るのは、基本的にソープ街と呼ばれる特定区域のみで、ソープを利用する際はそこへ赴くことになります。有名な所では、東京の吉原、神奈川の堀之内、兵庫の福原、岐阜の金津園、滋賀の雄琴、北海道のススキノ、福岡の中州などがあります。これらの場所にはまだ数十のソープが営業していて、地元のみならず周辺地域からも数多くの利用者を呼び込んでいます。
ソープの魅力は、その行われるプレイの豊富さです。大別すると『洗い』や『マット』、『ベッド』などに分かれ、それぞれにソープ嬢独自の技術があったりするので、一概にどこのソープが、ソープ嬢がというわけにもいかないものです。最近では風俗遊びをする若い男性の中にもソープを避ける方もいるようですが、それはそれでもったいないもの。是非一度はソープの濃厚サービスを楽しんでおきたいものです。

TOP